Power Automate Desktop ユーザー側が任意のファイルを選択して開く方法

タイトル画像
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ピピンプイ
ピピンプイ

今回はファイルの選択ダイアログアプリケーションの実行を使って、ユーザー自身が開きたいファイルを選択する処理の方法をご紹介します。

最初に処理の手順とフローの完成形を見てみます。

処理手順

1.ファイルの選択ダイアログを表示

2.IF

3.アプリケーションの実行

フローの完成形

完成形

では順を追って説明します。

1.ファイルの選択ダイアログを表示

最初にアクションの「ファイルの選択ダイアログを表示」を使って、指定したファイルを変数に格納します。

1.アクションにある「メッセージボックス」の「ファイルの選択ダイアログを表示」をワークスペースにドラッグ&ドロップします。

ファイルの選択ダイアログを表示

2.ファイルの選択ダイアログの設定を行います。

ファイルの選択ダイアログを表示の設定

パラメータの説明をします。

・ダイアログのタイトル:タイトルを入力できます。

ユーザーにどのような行動を促したいか、タイトルでお知らせします。

任意のタイトルを入力します。

・初期フォルダ:ファイルを参照する時に、最初に開くフォルダを指定できます。

今回はフォルダをユーザー側が指定する設定にしたいので、何も入力しません。

もし、開くフォルダを指定したい場合はフォルダマークをクリックして、フォルダを指定します。

・ファイルフィルター:取得するファイルを制限します。
           開きたいファイルの拡張子を指定することが出来ます。

ファイルの種類を指定しない場合は何も入力しません。

指定したい場合は*.xlsx*などの拡張子を入力すると、その拡張子のファイルしか選択できなくなります。

次に「ファイル選択ダイアログを常に手前に表示する」と「ファイルが存在するかどうかを確認する」にチェックを入れます。

3.設定が終わったら「保存」をクリックします。

選択したファイルが変数「SelectedFile」に格納されます。

変数「ButtonPressed」は次のIFで使用します。
ButtonPressedには、ユーザーが「開く」または「キャンセル」の、どのボタンを押したか記録されます。

2.IF

次に、上記の「ファイルの選択ダイアログ」でキャンセルした場合に、それ以降の処理を行わないようにIFで処理します。

1.アクションにある「条件」の「IF」をワークスペースにドラッグ&ドロップします。

IFをワークスペースにドラッグする

2.次にIFの設定を行います。

IF設定

・最初のオペランドに、ファイルの選択ダイアログで生成された変数「ButtonPressed」を入力します。
{☓}から選択することが出来ます。

・演算子には「と等しくない(<>)」を選択します。

演算子に、「と等しくない」を選択する

・2番目のオペランドには「Cancel」と入力します。

IF設定

3.設定が終わったら「保存」をクリックします。

IFの条件分岐で、キャンセルではない(等しくない)場合に処理が実行されます。

キャンセルした場合は、処理が中断されます。

3.アプリケーションの実行

アプリケーションの実行で、先程ファイルの選択ダイアログで選択したファイルを開きます。

1.アクションにある「システム」の「アプリケーションの実行」をIFとEndの間にドラッグ&ドロップします。

アプリケーションの実行

2.次にアプリケーションの実行の設定を行います。

アプリケーションの実行

・アプリケーションパスに、上記で選択したファイルが変数「SelectedFile」に格納されていますので、「SelectedFile」を選択します。

アプリケーションパス

・ウィンドウスタイルは「正常」「非表示」「最小化」「最大化」の4種類あります。

今回は最大化でウィンドウを開きたいので「最大化」を選択します。

ウィンドウスタイル

3.設定が終わったら「保存」をクリックします。

4.フローの実行

・フローの実行を行い、ファイルを選択して開くか、もしくはキャンセルして処理が中断されるか試してみてください。

今回はユーザー側でファイルの選択をする処理を説明しました。

色々なファイルで試してみてください。

次回はユーザー側が複数のファイルを選択して、PADに取り込む方法をご紹介します。

該当記事はこちら

タイトルとURLをコピーしました