複数のExcelブックの内容をPower Automate Desktopに読み取る

タイトル画像
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ピピンプイ
ピピンプイ

今回は別の記事に掲載している、「複数のファイルを取り込む」と「全てのワークシートからExcelDataを読み取る」のフローを組み合わせて、複数のExcelブックから全てのワークシートのセル内容をPower Automate Desktopに読み取る方法をご紹介します。

今回のフロー

「複数のファイルを取り込む」のフローは、そのまま使用します。

複数のファイルを取り込む

「全てのワークシートからExcelDataを読み取る」に変更を加えます。

全てのワークシートからExcelDataを読み取る 今回

前回の全てのワークシートからExcelDataを読み取るのフロー

全てのワークシートからExcelDataを読み取る 前回

実行動画

1.変更内容

「全てのワークシートからExcelDataを読み取る」に変更を加えます。

特別なフォルダーを取得を削除します。

今回のフロー18番目のように、Loopを追加します。

Excelブックの数だけ繰り返します。

18のLoopを追加

開始値:0
終了:%File.Count-1%
増分:1

19のExcelの起動の内容を変更します。

複数のファイルで選択した、Excelブックを開きます。

19のExcelの起動の内容を変更

ドキュメントパス:%File[LoopIndex]%

今回のフロー23番目のように、Excelワークシートから最初の空の列や行を取得を追加します。

23のExcelワークシートから最初の空の列や行を取得を追加

24のExcelワークシートから読み取りの内容を変更します。

24のExcelワークシートから読み取りの内容を変更

Excelインスタンス%ExcelInstance%

取得:データが入ったセル範囲を取得したいので「セル範囲の値」を選択します。
先頭列:「A」を入力します。セルに最初の値が入っている列を指定します。
先頭行:「1」を入力します。セルに最初の値が入っている行を指定します。
最終列:%FirseFreeColumn-1%
最終行:%FirseFreeRow-1%

詳細をクリックして、列名を指定できるように「範囲の最初に列名が含まれています」にチェックを入れます。

下記と同じようにフローを配置します。

全てのワークシートからExcelDataを読み取る 今回

2.フロー実行後

フロー実行後に「新しいリストの作成」で作成した変数ExcelDataListに、Excelブックのデータが格納されています。

Excelデータリスト
4月給与
5月給与
6月給与
7月給与

次回は今回のフローに、別の記事のExcel転記を追加して、別の複数のExcelブックにデータを転記する方法をご紹介します。

デスクトップ用PowerAutomate 複数のExcelブックからExcel転記

タイトルとURLをコピーしました