Power Automate Desktop Webフォーム入力の基本操作

Webフォーム入力タイトル画像
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回はMicrosoft Edgeブラウザーを起動して、指定したURLや、開いてあるWebページに接続して、自動でWebフォーム入力ができる、Power Automate Desktopの操作方法を説明します。

Webフォーム入力

ブラウザー自動化のWebフォーム入力を下記のフォームを使って説明します。


・Webページ内のテキストフィールドに入力する。


・Webページのチェックボックスの状態を設定します。

好きな色を選択してください。(複数選択可)


・Webページのラジオボタンを選択します。

性別を選択してください。



・Webページでドロップダウンリストの値を設定します。

血液型を選択してください。


・Webページのボタンを押します。

今回は機能を説明しているだけなので、登録ボタンを押しても、実際に何か登録されるわけではありません。

名前や好きな色、性別、血液型は登録されません。

登録ボタンは、「Webページのボタンを押します」のアクションの説明に使用しています。

フローの完成形

完成形

フロー実行後

フロー実行後

1.新しいMicrosoft Edge を起動する

Microsoft Edgeブラウザーを起動して、指定したURLに接続します。

ブラウザー自動化新しいMicrosoftEdgeを起動する

1.アクションの「ブラウザー自動化」から「新しいMicrosoft Edgeを起動する」をドラッグ&ドロップします。

起動モードには「新しいインスタンスを起動する」と「実行中のインスタンスに接続する」の2種類があります。

○新しいインスタンスを起動する場合

最初から開きたいWebページが決まっている場合は、「新しいインスタンスを起動する」を選択して初期URLを記入しておきます。

新しいMicrosoftEdgeを起動する。新しいインスタンスを起動する。

ウィンドウの状態は「標準」「最大化」「最小化」があります。

Microsoft Edgeを開くときのウィンドウの状態を設定できます。

○実行中のインスタンスに接続する場合

すでに開いているWebページに接続します。

新しいMicrosoftEdgeを起動する。実行中のインスタンスを起動する。

Microsoft Edgeタブに接続する:3種類あります。

1.タイトルを使用

タブのタイトル:に起動しているMicrosoft Edgeタブのタイトルを入力します。

2.URLを使用

タブのURL:に起動しているMicrosoft EdgeタブのURLを入力します。

3.フォアグラウンド ウィンドウを使用

起動しているMicrosoft Edgeタブに接続します。

2.Webページ内のテキストフィールドに入力する

Microsoft Edgeで起動した、Webページ内のテキストフィールドに入力するアクションを設定します。

例として名前を入力する設定を行います。

1.Webフォーム入力の「Webページ内のテキストフィールドに入力する」を配置します。

Webページ内のテキストフィールドに入力する

2.パラメータの選択で、UI要素とテキストの入力を行います。

2-1.設定画面の「UI要素:」の右側にある、下向き矢印をクリックして、「UI要素の追加」をクリックします。

UI要素の追加とは、これから入力するテキストフィールドの場所を指定します。

テキストフィールドに入力

2-2.Webページを開いて、入力する項目にカーソルを持っていき、入力箇所に赤枠が表示されるので、Ctrlを押しながら左クリックして追加します。

UI要素の追加

2-3.テキスト:今回は名前に、ピピンプイと入力しました。

テキストの入力

3.設定を保存します。

3.Webページのチェックボックスの状態を設定します

Microsoft Edgeで起動した、Webページのチェックボックスをオン、オフするアクションを設定します。

例として好きな色を選択する設定を行います。(複数選択可)

1.Webフォーム入力の「Webページのチェックボックスの状態を設定します」を配置します。

Webページのチェックボックス状態を設定

2.パラメータの選択で、UI要素とチェックボックスの状態の入力を行います。

2-1.設定画面の「UI要素:」の右側にある、下向き矢印をクリックして、「UI要素の追加」をクリックします。

Webページのチェックボックスの状態を設定します

2-2.Webページを開いて、入力する項目にカーソルを持っていき、入力箇所に赤枠が表示されるので、Ctrlを押しながら左クリックして追加します。

チェックボックスの選択

2-3.チェックボックスの状態:オンにします。

チェックボックスの状態:オン、オフに切り替えます。

今回は赤のチェックボックスにオンします。

3.設定を保存します。

4.Webページのラジオボタンを選択します

Microsoft Edgeで起動した、Webページのラジオボタンを選択するアクションを設定します

例として、性別を選択する設定を行います。


1.Webフォーム入力の「Webページのラジオボタンを選択します」を配置します。

Webページのラジオボタンを選択します

2.パラメータの選択で、UI要素の入力を行います。

2-1.設定画面の「UI要素:」の右側にある、下向き矢印をクリックして、「UI要素の追加」をクリックします。

Webページのラジオボタンを選択します

2-2.Webページを開いて、入力する項目にカーソルを持っていき、入力箇所に赤枠が表示されるので、Ctrlを押しながら左クリックして追加します。

ラジオボタン

今回は男のボタンを選択します。

3.設定を保存します。

5.Webページでドロップダウンリストの値を設定します

例として血液型を入力する設定を行います。

1.Webフォーム入力の「Webページでドロップダウンリストの値を設定します」を配置します。

5.Webページでドロップダウンリストの値を設定します

2.パラメータの選択でUI要素、操作、オプション名の設定を行います。

UI要素、操作、オプション名の設定

2-1.設定画面の「UI要素:」の右側にある、下向き矢印をクリックして、「UI要素の追加」をクリックします。

Webページを開いて、入力する項目にカーソルを持っていき、入力箇所に赤枠が表示されるので、Ctrlを押しながら左クリックして追加します。

UI要素の追加

2-2.操作:今回は「名前を使ってオプションを選択します」に設定します。

直接オプション名を入力して、ドロップダウンリストから選択したいので「名前を使ってオプションを選択します」を選択します。

その他にも、「すべてのオプションをクリア」や「インデックスを使ってオプションを選択します」の操作を選択できます。

「インデックスを使ってオプションを選択します」を選択した場合は、設定画面に「オプションインデックス:」が表示されます。

インデックスを使ってオプションを選択します

オプションインデックスの番号を指定してドロップダウンリストから選択します。

A型なら1、B型なら2、C型なら3、AB型なら4の番号とリンクしています。

2-3オプション名:B型を設定します。

名前を使ってオプションを選択します

今回はドロップダウンリストからB型を選択する設定にしました。

ここに変数名を入力してExcelから転記することもできます。
詳しい方法はExcelの内容をWebフォームに自動転記のページに掲載しています。

3.設定を保存します。

6.Webページのボタンを押します

ボタンを押すアクションを設定します。

1.Webフォーム入力の「Webページのボタンを押します」を配置します。

Webページのボタンを押します

2.設定画面の「UI要素:」の右側にある、下向き矢印をクリックして、「UI要素の追加」をクリックします

Webページのボタンを押します

Webページを開いて、帳票作成にカーソルを持っていき、赤枠が表示されるので、Ctrlを押しながら左クリックして追加します。

登録ボタン

3.設定を保存します。

以上でPower Automate DesktopのWebフォーム入力の基本操作の説明でした。

Web操作の具体例を当サイトの別ページに載せています。

該当ページはこちら

タイトルとURLをコピーしました