Power Automate Desktop フォルダー名を取得しExcelに転記

タイトル画像
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ピピンプイ
ピピンプイ

今回はフォルダーのパスを取得し、Excelに転記する方法をご紹介します。

使用するアクションは

  1. フォルダー内のサブフォルダーを取得
  2. Excelの起動
  3. For each
  4. Excelワークシートから最初の空の列や行を取得
  5. Excelワークシートに書き込む
  6. End

フローの完成形

フォルダー名の取得の完成フロー

D:\PADフロー\2023年度納品書のサブフォルダー名を取得します。

フォルダー

フォルダー名をExcelに転記

フォルダー名をExcelに転記

1.フォルダー内のサブフォルダーを取得

取得したいフォルダー名の親フォルダーを指定して、サブフォルダーのパスを取得します。

1.アクションの「フォルダー」から「フォルダー内のサブフォルダーを取得」をワークスペースにドラッグ&ドロップします。

フォルダー内のサブフォルダーを取得

フォルダー:フォルダー名を取得したい親フォルダーを選択します。
例としてD:\PADフロー\2023年度納品書の下のサブフォルダー名を取得します。

フォルダーフィルター:*
今回はフォルダー名を制限しないのでそのまま*を使用します。
「2023年10月*」で*が納品書の代わりになります。
フォルダー名を指定したい場合は文字や数値を入力します。

サブフォルダーを含める
さらにサブフォルダーが存在する場合に、そのフォルダー名も取得する場合にチェックを入れます。
D:\PADフロー\2023年度納品書\2023年1月納品書\ここのフォルダーも含めるかどうか

詳細を展開すると並び替えもできます。

フォルダー内のサブフォルダーを取得の詳細設定

2.Excelの起動

空のExcelブックにフォルダー名を転記するため、アクション「Excelの起動」で空のドキュメントを使用します。

1.アクションの「Excel」から「Excelの起動」をワークスペースにドラッグ&ドロップします。

Excelの起動

Excelの起動:空のドキュメントを使用
生成された変数:%ExcelInstance%

3.For each

For eachを使用して、フォルダー名の数だけ繰り返し処理を行います。

1.アクションの「ループ」から「For each」をワークスペースにドラッグ&ドロップします。

For each

反復処理を行う値:%Folders%
「フォルダー内のサブフォルダーを取得」で生成された変数%Folders%を入力します。
生成された変数:%CurrentItem%

4.Excelワークシートから最初の空の列や行を取得

Excelワークシートから最初の空の列や行を取得とは、データが入っている列と行の、最初の空の列と行を自動的に取得できるアクションです。行や列にデータを追加入力や削除されても、自動的にセル範囲を拡大縮小してくれます。

1.アクションの「Excel」から「Excelワークシートから最初の空の列や行を取得」をドラッグ&ドロップします。

Excelワークシートから最初の空の列や行を取得

生成された変数:FirseFreeRow(行)を次のアクションで使用します。

5.Excelワークシートに書き込み

Power Automate Desktopに読み取ったフォルダー名をExcelブックに転記します。

1.アクションの「Excel」から「Excelワークシートに書き込み」をドラッグ&ドロップします。

Excelワークシートに書き込み

Excelインスタンス:先ほどExcelの起動で、生成された変数ExcelInstanceを使用します。

書き込む値: %Currentltem%

For eachのCurrentltemにフォルダー名が格納されているので、Currentltemからフォルダー名を取り出し、指定したセルに書き込みます。

書き込みモード:セルを指定したいので「指定したセル上」を選択します。

今回は列Aに書き込みたいので「」に「A」、「」に「%FirstFreeRow%」を入力します。
行に入力されたデータが上書きされないように、空白のセルに書き込みを行います。
「Excelワークシートから最初の空の列や行を取得」した変数FirstFreeRowを入力し、空白行を取得します。

以上でフォルダーのパスを取得し、Excelに転記する方法をご紹介しました。

関連記事

Power Automate Desktopを使用して、複数のフォルダーを一括で作成する方法をご紹介します。

Excelブックにフォルダー名を入力し、その名前の数だけフォルダーを自動で作成します。

関連記事はこちら

タイトルとURLをコピーしました