Power Automate Desktop 複数フォルダーをExcelで一括作成

タイトル画像
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ピピンプイ
ピピンプイ

今回はPower Automate Desktopを使用して、複数のフォルダーを一括で作成する方法をご紹介します。

Excelブックにフォルダー名を入力し、その名前の数だけフォルダーを自動で作成します。

作成の流れは

  1. フォルダー名を入力したExcelブックを用意します。
  2. フォルダー名のExcelブックをPower Automate Desktopに読み取ります。
  3. For eachを使用してフォルダー名の数だけフォルダーを作成します。

フローの完成形

フローの完成

使用するExcelブック

フォルダーの作成で使用するExcelブック

作成されるフォルダー

作成されたフォルダー

1.Excelの起動

フォルダー名を入力したExcelブックを用意し、Power Automate DesktopからアクションのExcelの起動でExcelブックを開きます。

フォルダーの作成で使用するExcelブック

1.アクションの「Excel」から「Excelの起動」をワークスペースにドラッグ&ドロップします。

Excelの起動

Excelの起動:次のドキュメントを開く
ドキュメントパス:フォルダー名が入力されているExcelブックを選択します。

生成された変数:%ExcelInstance%

ドキュメントパスにCドライブのユーザー名が入る場合などで使用する、「特別なフォルダーを取得する」場合は別の記事に作成方法を掲載しています。
該当記事はこちら

2.Excelワークシートから読み取る

Excelブックに入力されているフォルダー名をPADに読み取ります。

1.アクションの「Excel」から「Excelワークシートから読み取る」をワークスペースにドラッグ&ドロップします。

Excelワークシートを読み取る

Excelインスタンス:%ExcelInstance%
取得:ワークシートに含まれる使用可能なすべての値
ワークシートにはフォルダー名しか入力されていないので、すべての値を使用します。

生成された変数:%ExcelData%

3.Excelを閉じる

上記で起動したExcelブックを閉じます。

1.アクションの「Excel」から「Excelを閉じる」をワークスペースにドラッグ&ドロップします。

Excelを閉じる

Excelインスタンス:%ExcelInstance%
Excelを閉じる前:ドキュメントを保存しない

4.For each

For eachを使用して、Excelブックに入力されているフォルダー名の数だけ繰り返し処理を行います。

1.アクションの「ループ」から「For each」をワークスペースにドラッグ&ドロップします。

For each

反復処理を行う値:%ExcelData%
「Excelワークシートから読み取る」で生成された変数%ExcelData%を入力します。

生成された変数:%CurrentItem%

5.フォルダーの作成

For eachに格納されたExcelDataのフォルダー名を使用して、フォルダーを作成します。

1.アクションの「フォルダー」から「フォルダーの作成」をワークスペースにドラッグ&ドロップします。

フォルダーの作成

新しいフォルダーを次の場所に作成:フォルダーの保存先を指定します。
新しいフォルダー名:%CurrentItem%
ループのFor eachの変数%CurrentItem%に格納されるExceldataのフォルダー名を使用します。

フローを実行すると指定した保存先にフォルダーが作成されます。

作成されたフォルダー

以上で複数のフォルダーをExcelブックのフォルダー名を使用して一括作成する方法をご紹介しました。

関連記事

フォルダー名を取得し、Excelに転記する方法をご紹介します。

該当記事はこちら

タイトルとURLをコピーしました