Power Automate Desktop フォルダー内のWordをPDFに変換

タイトル画像
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ピピンプイ
ピピンプイ

今回はフォルダー内の全てのWordファイルをPDFに変換する方法をご紹介します。

Wordで作成された文書等が保存されているフォルダーを選択し、フォルダー内の全てのWordファイルをPDFに変換します。

完成フロー

完成フロー

1.既定のプリンターを設定

WordファイルをPDFに変換するため、プリンターの印刷を使用します。

既定のプリンターをPDFに設定します。

1.アクションの「ワークステーション」から「既定のプリンターを設定」をワークスペースにドラッグ&ドロップします。

既定のプリンターを設定

プリンターの名:Adobe PDF

2.フォルダーの選択ダイアログを表示

Wordファイルが保存されているフォルダーを選択します。

1.アクションの「メッセージボックス」から「フォルダーの選択ダイアログを表示」をワークスペースにドラッグ&ドロップします。

フォルダーの選択ダイアログを表示

ダイアログの説明:説明が必要な場合は入力を行います。

初期フォルダー:PDFに変換したいWordファイルが保存されているフォルダーの場所が決まっている場合は、初期フォルダーにファイルの入っている親フォルダーを入力します。
場所が決まっていない場合は空白のままにします。

3.If

上記の「フォルダーの選択ダイアログを表示」で表示されたフォルダー選択をキャンセルした場合に、それ以降の処理を行わないようにIFで処理します。

1.アクションの「条件」から「If」をワークスペースにドラッグ&ドロップします。

If

最初のオペランド:カスタムフォームを表示で生成された変数 %ButtonPressed% を入力します。

演算子:と等しくない(<>) を選択します。

2番目のオペランド:Cancelと入力します。

IFの条件分岐で、キャンセルではない(等しくない)場合に処理が実行されます。
キャンセルした場合は、処理が中断されます。

Endを一番下に持っていきます。

4.フォルダー内のファイルを取得

フォルダー内のWordファイルを取得します。

1.アクションの「フォルダー」から「フォルダー内のファイルを取得」をワークスペースにドラッグ&ドロップします。

フォルダー内のファイルを取得

フォルダー:%SelectedFolder%
フォルダーの選択ダイアログを表示」で生成された変数を使用します。

ファイルフィルター:*.doc(今回は.docの拡張子のWordファイルをPDFに変換します)
ファイルの拡張子をWordに制限したいので、*の後ろにWordの拡張子を入力します。
docxやdocmの場合は、その拡張子を入力します。
Wordのすべての拡張子に対応する場合は*.do*と入力します。

5.変数の設定

ドキュメントの印刷で、Wordのファイル数を自動で変更する為に、変数を設定します。

1.アクションの「変数」から「変数の設定」をワークスペースにドラッグ&ドロップします。

変数の設定

変数:NewVar
変数名を変更したい場合は、NewVarをクリックして変数名を入力して変更します。
値:0

6.Loop

Wordファイルの数だけ「ループ」で繰り返し処理を行います。

1.アクションの「ループ」から「Loop」をワークスペースにドラッグ&ドロップします。

Loop

開始値:0
終了:%File.Count-1% 読み取ったWordファイルの番号が0から始まるので-1します。
増分:1

後でEndを「変数を大きくする」の下に持っていきます。

7.ドキュメントの印刷

読み取ったWordファイルを印刷を使ってPDFに変換します。

1.アクションの「ループ」から「Loop」をワークスペースにドラッグ&ドロップします。

ドキュメントの印刷

印刷するドキュメント:%Files[NewVar]%
ファイル数を自動で設定するためFilesに、先程設定した変数NewVarを追加します。

8.変数を大きくする

NewVarの変数を大きくして、ドキュメントの印刷で使用するFilesの数を自動で増やします。

1.アクションの「変数」から「変数を大きくする」をワークスペースにドラッグ&ドロップします。

変数を大きくする

変数名:%NewVar%

大きくする数値:1

以上でフォルダー内の全てのWordファイルをPDFに変換する方法をご紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました