[Power Automate Desktop] WebページをスクショしてExcelに貼る

タイトル画像
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ピピンプイ
ピピンプイ

今回ご紹介する機能はPowerAutomateDesktopを使用して、WebページをスクリーンショットしてExcelブックに貼り付けます。

例えば、行政機関が提供する表などをスクリーンショットで取得して、Excelに貼り付けます。

今回は例として、当サイトのトップページに置いてある画像をスクリーンショットしてExcelに貼り付ける方法をご紹介します。

初期URLの設定したサイトを開く

使用するアクションは6種類です。

  1. 新しいMicrosoft Edgeを起動する
  2. Webページのスクリーンショットを取得します
  3. Webブラウザーを閉じる
  4. Excelの起動
  5. Excelワークシート内のセルを選択
  6. ウインドウのUI要素をクリックする

完成形はこちら

スクリーンショットのPADアクションの完成形

順を追って説明します。

1.新しいMicrosoft Edgeを起動する

まずはスクリーンショットしたい、Webページを開きます。

今回は特定のWebページのスクリーンショットを取得します。

初期URLを特定のサイトに固定します。

1.アクションの「ブラウザー自動化」から「新しいMicrosoft Edgeを起動する」をワークスペースにドラッグ&ドロップします。

新しいMicrosoft Edgeを起動する

2.パラメータを選択します。

新しいブラウザを起動する

起動モード:新しいインスタンスを起動する
・新しくWebブラウザを開きます。

初期URL:https://itnetone.com/
・今回は当サイトのトップページにある、画像を取得しますので、当サイトのURLを入力します。

ウィンドウの状態:最大化
・ページ全体では無く、特定の位置の画像を取得するので、取得位置がズレないように、ウィンドウは最大化にします。

・ユーザー側にURLを入力してもらう場合は「メッセージボックスの入力ダイアログ」を使用して、任意のURLを入力してもらい、「新しいMicrosoft Edgeを起動する」の初期URLに変数を入力します。

・起動モードを「実行中のインスタンスに接続する」を選択すると、今開いてるWebページに接続できます。

3.設定が終わったら、保存をクリックします。

2.Webページのスクリーンショットを取得します

Webページを開いたら、どの箇所をスクリーンショットするか指定します。

1.アクションの「ブラウザー自動化」の「Webデータ抽出」から「Webページのスクリーンショットを取得します」をワークスペースにドラッグ&ドロップします。

Webページのスクリーンショットを取得します

2.パラメータを選択します。

Webページのスクリーンショットを取得します

キャプチャ:特定の要素
・今回はページの中の特定の箇所をスクリーンショットしたいので、キャプチャを特定の要素にします。

ページ全体を取得したい場合は「Webページ全体」に設定します。

UI要素:右にある矢印をクリックして、UI要素の追加をクリックします。

右にある矢印をクリックして、UI要素の追加をクリック

初期URLで指定した、Webページを開きます。
・今回は当サイトのトップページからスクリーンショットを取得するので、Microsoft Edgeを起動して、https://itnetone.com/を開きます。

初期URLの設定したサイトを開く

・スクリーンショットを取得したい場所にカーソルを持っていき、赤枠が表示されたら、Ctrlを押しながら左クリックします。

UI要素の追加

保存モード:クリップボード
・クリップボードに保存しておいて、後でExcelに貼り付けます。

3.設定が終わったら、保存をクリックします。

3.Webブラウザーを閉じる

開いたWebブラウザーを閉じるアクションを設定します。

1.アクションの「ブラウザー自動化」から「Webブラウザーを閉じる」をワークスペースにドラッグ&ドロップします。

Webブラウザーを閉じる

2.パラメータを選択します。

Webブラウザーを閉じる

3.そのまま保存をクリックします。

4.Excelの起動

スクリーンショットをExcelブックに貼り付けるため、Excelを起動します。

1.アクションの「Excel」から「Excelの起動」をワークスペースにドラッグ&ドロップします。

Excelの起動

2.パラメータを選択します。

Excelの起動

Excelの起動:空のドキュメントを使用
・今回は空のExcelブックにスクリーンショットを貼り付けます。

特定のExcelブックにスクリーンショットを貼り付けたい場合は、次のドキュメントを開くを選択して指定したファイルを開くことも出来ます。

3.設定が終わったら、保存をクリックします。

5.Excelワークシート内のセルを選択

開いたExcelブックの、どのセルに画像を貼り付けるか指定します。

1.アクションの「Excel」の「詳細」から「Excelワークシート内のセルを選択」をワークスペースにドラッグ&ドロップします。

Excelワークシート内のセルを選択

アクションの文字が隠れて見えない場合は、アクションとワークスペースの境目にカー
ソルを持っていき、カーソルが↔に変わったらドラッグしてズラします。

2.パラメータを選択します。

スクリーンショットを貼り付ける、セルを指定します。

今回はセルB2に、画像を貼り付ける設定をします。

Excelワークシート内のセルを選択

選択:セルの範囲

先頭列:B 先頭行:2 最終列:B 最終行:2

3.設定が終わったら、保存をクリックします。

6.ウインドウのUI要素をクリックする

Excelブックのセルを指定したら、そこに画像を貼り付けるアクションを設定します。

1.アクションの「UIオートメーション」から「ウインドウのUI要素をクリックする」をワークスペースにドラッグ&ドロップします。

ウインドウのUI要素をクリックする

2.パラメータを選択します。

ウインドウのUI要素をクリックする。その他のオプションを選択する

ExcelのUIを操作して、スクリーンショットをセルに貼り付けるアクションを設定します。

UI要素:UI要素を追加します。

UI要素の追加

Excelを起動して、空白のブックを開きます。
ウィンドウを最大化で開きます。

Excelから貼り付けをCtrl押しながら左クリックします

・「ホーム」の「貼り付け」の所にカーソルを持っていきます。
赤枠が表示されるので、Ctrlを押しながら左クリックします。

※UI要素ピッカーのウィンドウは、青い所をドラッグして移動することができます。

クリックの種類:左クリック

3.設定が終わったら、保存をクリックします。

7.フローの実行

1.フローを実行して動作確認を行います。

フローの実行

ExcelブックのセルB2に、スクリーンショットが貼り付きました。

Excelブックにscreenshotsが貼り付きました

以上でPowerAutomateDesktopでWebページをスクショしてExcelに貼る方法をご紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました