Excelの基本的な印刷設定と共通の見出しを設定して印刷する方法

印刷設定のタイトル画像
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ピピンプイ
ピピンプイ

2ページ目に表の各タイトルが表示されないな

いちいち各タイトルのセル挿入やコピー貼り付けが面倒だな

何かの一覧表等を印刷すると、1ページ目には見出しと各項目のタイトルが表示されますが、2ページ目以降には表示されません。

2ページ目以降の先頭に見出しと各項目のタイトルを挿入すると表示されますが、印刷物が何百ページにもなると、全ページに手作業でセルの挿入等をするのは、時間がかかって効率が悪いです。

そこで、基本的な印刷方法と各ページに共通の見出しを設定して、各項目のタイトル付きで印刷する方法を紹介します。

印刷物を確認します。

年次有給休暇一覧表を使って説明します。

印刷物を確認

1.ページレイアウト

「ページレイアウト」の機能を使うと、印刷結果を確認しながら、編集することができます。

ヘッダーやフッター、ページや印刷タイトルなどの設定ができます。

1.画面右下のページレイアウトをクリックします。

ページレイアウト
ページレイアウト

画面がページレイアウトに変更されます。

2.印刷タイトル

次に印刷タイトルの設定をして、年次有給休暇一覧表のタイトルから部門別や氏名の行の項目名まで、2ページ目も表示されるように設定します。

1.ページレイアウトの印刷タイトルをクリックします。

印刷のタイトル設定

ページ設定が表示されます。

ページ設定

2.「シート」の「印刷タイトル」の「タイトル行」右にある上「↑」をクリックします。

ページ設定のシート

3.タイトル行の範囲設定をします。

行番号の2~5を選択して、Enterを押します。

タイトル範囲
ページ設定のシートでタイトル行の設定

タイトル行に2~5のセルの行範囲が設定されました。

4.OKを押すと印刷タイトルが設定されました。

印刷タイトル

2ページ目にタイトルと各項目名が表示されます。

3.ヘッダーとフッターの設定

ページレイアウトの場合、ページ上部にヘッダー、ページ下部にフッターの設定を簡単にできます。

ヘッダーフッターの設定

1.ヘッダーに現在の日付を追加します。

ページ上部のヘッダーの追加の右側をクリックします。

ヘッダーとフッタータブが表示されるので、クリックします。

現在の日付をクリックします。

ヘッダーの現在の日付を設定

2.&[日付]が表示されるので、どこかヘッダー以外の別の場所をクリックすると日付が表示されます。

ヘッダー日付
ヘッダーに日付が表示された

3.次にフッターの真ん中にページ番号を設定します。

フッターの真ん中にページ番号を設定

4.ページ下部のフッターの真ん中をクリックします。

ページ番号の設定

ヘッダーとフッタータブが表示されるので、クリックします。

ページ番号をクリックします。

&[ページ番号]が表示されるので、どこかフッター以外の別の場所をクリックするとページ番号が表示されます。

ページ番号
ページ番号が表示された

その他にも時刻や図も挿入できます。

4.余白の設定

ページレイアウトで余白の設定をする方法の他にも、直接画面上で余白の設定が出来ます。

1.ページレイアウトでルーラーの境界を左クリックしたまま、左右に動かし余白を変更します。

左余白の設定

これで行の余白が調整されました。

同じように列の余白設定も直接できます。

この他にもページレイアウトで印刷の向きとか、用紙サイズの変更や印刷範囲の設定などもできます。

「ファイル」の「印刷」からでも、ページレイアウトの設定ができます。

以上で基本的な印刷設定と各ページに共通の見出しを設定して、印刷する方法をご紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました