[Publisher]こんなポスターが簡単に作成できる使い方

ハワイポスター完成(ページパーツ無し)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ピピンプイ
ピピンプイ

今回はMicrosoftのPublisher(パブリッシャー)で、簡単にポスターを作成する方法をご紹介します。

前回はチラシの作成方法をご紹介しました。

今回はA2サイズの写真入りポスターを作成していきます。


PublisherはWindowsPCのみで使用できます。

Microsoft 365 Personal Office マイクロソフト オフィス 1年版 サブスクリプション 2021[Word/Excel/PowerPoint/Outlook/OneNote/Publisher/Access] パッケージ版やマイクロソフト Publisher 2021 買い切り版で作成できます。

最初に手順を説明します

ポスター作成に使用する主な機能は、次の6つです。

1.その他の白紙のページサイズでA2サイズの用紙設定
2.図のプレースホルダーで写真の挿入
3.横書きテキストボックスの描画でタイトル文字の追加
4.ワードアートを使って、上アーチの影付き文字の追加
5.図形の挿入で、吹き出し文字の作成
6.ページパーツを使用して日程表を作る

ページパーツを使用する場合

完成ポスター
完成ポスター

ページパーツを使用しない場合

ハワイポスター完成(ページパーツ無し)
完成ポスター(ページパーツ無し)

順を追って説明します。

1.用紙の決定

1.まずはポスターの用紙サイズを選びます。

用紙サイズの設定は左メニュー「新規」の「その他の白紙のページサイズ」をクリックします。

「新規」の「その他の白紙のページサイズ」をクリックします。

2.その他の白紙のページサイズを「ポスター」にします。

用紙サイズをポスターに設定

3.今回は「A2サイズの横」のポスターを作りたいので、サイズを「A2の横」になっているのを選んで「作成」をクリックします。

用紙サイズをA2に決定

2.写真の挿入

次にポスター全体に写真を載せたいので、写真の挿入を行います。

1.挿入方法は何通りかあります。「ホーム」の「」や「挿入」の「画像」から写真を挿入できますが、今回は「挿入」の「図のプレースホルダー」で挿入します。

写真を図のプレースホルダーで挿入します。

今回は下記のように、写真を3枚使いたいので、写真の位置を確認できる「挿入」の「図のプレースホルダー」で空の図枠を挿入します。

図枠の挿入

2.「挿入」の「図のプレースホルダー」で空の図枠を挿入します。

最初の写真は全面に配置したいので、真ん中に配置された図枠を用紙の端まで広げます。

全面に写真配置
全面に写真配置

同じように、残りの写真の図枠も配置します。

小さい写真の図枠の配置

図枠を配置したら、最初に全体の写真を設置します。

3.「図枠の真ん中の画像アイコン」をクリックして、画像の挿入から目的の写真を選びます。

私の場合はパソコンの中にある写真を使いたいので、ファイルから参照を選びました。

ファイルから参照

残りの写真も同じ方法で配置します。

写真の配置完了

写真に枠を追加する

1.今度は小さい写真に白い枠を付けます。

写真に白い枠の設置

2.写真を右クリックして「図の書式設定」をクリックします。

図の書式設定

3.次に「色と線」の色の「アクセント5(白)」を選択します。

色と線の色のアクセント5(白)を選択

4.次に色の下にある「」を7ptにして、少し線枠を広くします。

線の幅

※この他にも、線の種類や線の結合点を丸に変更したり、飾りの枠を使用することもできます。

5.設定が終わったら「OK」をクリックします。

6.設定が終わって、写真の位置を変更したい場合は写真にカーソルを合わせて、マウスのドラッグや、キーボードの矢印キーを使って、写真の位置を微調整します。

写真の白い枠の設置完了

3.文字の追加

次にポスター全体に文字を挿入していきます。

文字の挿入

横書きテキストボックスの描画

最初に横書きテキストボックスの描画を使用して、真ん中にHawaiiの文字を追加します。

1.「挿入」の「横書きテキストボックスの描画」をクリックします。

横書きテキストボックスの描画

2.次に真ん中にテキストボックスを設置し、「Hawaii」と入力する前に「テキストボックス」で文字の大きさを「300」にし、フォントを「Segoe Script」文字を「太字」文字の色を「ピンク」にして文字を入力します。

※この他にも、様々なフォントや、色がありますので、色々試してみてください。

テキストボックス
色の変更
色の変更

ワードアート

1.次にワードアートを使った「ALOHA」の文字の追加方法をを紹介します。

「挿入」「ワードアート」「塗りつぶし-白、輪郭-灰色」を選択します。

ワードアートの追加

ワードアートテキストの編集で、文字を入力し、フォントやサイズを変更してOKをクリックします。

ワードアートテキスト

2.次に「ワードアート」の「形状の変更」で「上アーチ」を選択します。

ワードアートの形状変更

3.次に「ワードアート」の「間隔」で「広く」を選択します。

ワードアートの間隔

4.文字を移動して配置します。

5.次に文字を水面に反射しているようにみせたいので、「図形の効果」を使用します。

まず「ワードアート」の「図形の効果」から「」の「透視投影:右下」を選択します。

ワードアートの図形の効果

6.文字の大きさや角度を変更したい場合は、枠の角にある◇及び○や□をドラッグすると大きさも変わります。

4.図形の挿入

次にHawaiiの上に図形を挿入します。

吹き出しの挿入

1.「挿入」の「図形」から「吹き出し」の「思考の吹き出し:雲形」を選択します。

図形の挿入

図形を挿入した段階では、塗りつぶしが青で、枠が黒い線になっていますので、変更していきます。

2.「図形の書式」から「図形の塗りつぶし」から「塗りつぶしなし」を選択します。

図形の塗りつぶしで塗りつぶし無し

次に図形の枠線を設定します。

3.「図形の書式」の「図形の枠線」から「」、「太さ」を「6pt」にします。

図形の線枠

4.図形の大きさや、吹き出しの位置を変更します。

吹き出しの位置変更

5.「横書きテキストボックスの描画」で文字を追加して、位置の調整を行います。

吹き出しのテキスト設置

5.ページパーツ

次にプログラムの内容を掲載します。
今回はページパーツを配置して日程表を作成します。

ページパーツの追加

1.「挿入」の「ページパーツ」から「幾何学模様(レイアウト1)」を選択します。

ページパーツ幾何学模様の追加

ページパーツが真ん中に配置されるので、ページパーツにカーソルを合わせてマウスのドラッグや、キーボードの矢印キーを使って、設置したい位置に移動します。

2.次にページパーツに「白い枠線」を追加します。

図形の書式」の「図形の枠線」から「」、「太さ」を「6pt」にします。

図形の線枠

3.必要事項を入力して、必要に応じて、「テキストボックス」から「書体」及び「フォントの大きさ」や枠の○や□をドラッグして「枠の大きさ」を変更します。

テキストボックス
ページパーツの完成

6.完成

最後に必要に応じて、文字や図形の位置や大きさの調整をします。

完成したポスター
完成ポスター

ページパーツを使用しない場合は、下記のように文字だけ入力し、文字の大きさを調整します。

ハワイポスター完成(ページパーツ無し)

これでポスターの完成です。

この他にも、まだまだ違う方法でポスターを作成することが出来ます。

次回は違うポスターの作成方法や、カタログの作成を掲載したいと思います。

ポスターの印刷なら

タイトルとURLをコピーしました